Blog

「説教」したくなるオトナと「仮面ライダーになりたい」学生

こんにちは、レンアイ型採用コンサルタント 小宮です。

私はふだんは企業側の採用コンサルをさせて頂いておりますが
ライフワークとして大学生の新卒採用に関する課題について
各種イベントを開催し、
雇用のミスマッチを解消していきたいと思っています。

昨日は、その中でも一番ライトな企画!?
「相席居酒屋」ならぬ「相席社長」というイベントを
手伝いたいという奇特な!?学生と打ち合わせをしておりました。
こんな風に、歳も一回り以上離れた彼らと目線をあわせて話していると
いろんな気づきがあるものです。

で、ここ数年、学生さんと接する時に
ずっとモヤモヤしていたこと…
その正体が見えてきた気がしたんです。

例えばですね、沖縄の大学生と話していて
「絵が好きだから、電通のデザイナーになりたいです!」という女の子や
「僕が話を聞くのが得意だから経営コンサルタントにないたいです!」とか
言ってくる学生さんがいるんです。

ええ、オトナからするとツッコミどころ満載ですよね。
なんか、極端なんです。
途中の思考が抜けているというか
5歳の子供が「ぼく、仮面ライダーになりたい!」と言っているのと
たいして変わらない発想だな~と感じるんです。

でも、なれないわけでもない…。
いろんな努力や運が重なれば… だから否定はしない。
そう言い聞かせて
昨日も学生さんたち(大学2年生)の話を聞いていて…
閃いたんです!

ちなみに昨日の学生さんは
「イベントが好き、人と人を繋げるイベントをやっていきたい。だから…イベント会社とか…?」
ということだったり
「ベトナムに行った経験から、もっと人と物が交流すれば、いろんな争い事はなくなるのに…
 だから人材交流かもしくは国際物流の仕事がしたい。でもそれは那覇空港ではなく、羽田の物流しか
 やってない分野でそれにはANAに入らないといけないみたいで…」

はい!
ココなんです。
完全に閃きました!!

前半の「もっと人や物が交流すれば争いがなくなる」というのは
オトナの私たちも身につまされる想いですよね。まさに大事にしてほしい想い。
そしてそれが海外インターンで行ったベトナムでの体験やそこでできた友達との
交流から生まれたそうですから、とても素敵な知見だと思います。
こういうことがスラスラ話せる子。うん、御社にも欲しいですよね?


ただ、そこからいきなりなぜか、ANAの国際物流??になっちゃうんです。
んんん?? なんで??
と思って聞いてみると
小論文のお題にたまたまANAの国際物流のシステム?業務?のことが出たらしく
それをきっかけに調べていって知ったことらしいです。

んー。
沖縄にも東南アジアに進出している企業はたくさんあるし
これからしようという企業もたくさんあるし
そもそも、沖縄の彼女の体験や思いからすると
沖縄の物産を東南アジアに広め、かつ、東南アジアのヒトモノ͡コト情報を沖縄に持ち帰る
ということやった方がダイレクトにいいと思うんですけど…。

しかも、「国際貿易事業」なんて銘打たなくても
そんなことやっている人や会社は沖縄にもたくさんいます。
それこそ、交流会1回行けばそれらしい人には遭遇しますよね。

でもね、これを知らないんです。彼ら彼女らは。
海外に物を卸したり、出店したり、ネット通販したりしている企業が
たーくさんあるのに 「ANA」しか選択肢がないと思い込んでいたんです。

さらに言うと彼女がやりたいことって
ANAに入れたとしても、その部署につけるわけでもないでしょうし、
つけたとしても、多分、思いと業務は全然直結しないどころか
真逆の業務なような気がします。


とにかく
デジタルネイティブの時代に、なんか情報が行きわたってなくね?
と感じるのですが、ここら辺はまだ調査中です。

ただ、とにかく「リアルな出会い」が圧倒的に不足しているな
と感じるわけです。

仮面ライダーになると言っても
中のアクション俳優さんになるのか
外の俳優さんの金の卵になるのか
制作会社のADになるのか
バンダイで、おもちゃの制作に掛かりたいのか決めないと。

とかいうことが、ごっそり情報や体験として抜けているだなと
課題がここにあるんだなとはっきりしたわけです。

とかく、大学生と話していると
いきなり、電通とか、経営コンサルとか、ANAの花形事業部とか
言い出すのでビックリして
「身の程を知りたまえ」と言いたくもなるのですが
それは、ダサい大人の言い分で、
「身の程を知らないのが最大の武器」な彼ら彼女らわけですから
それ、ビックリ仰天プランがどんな想いから生まれたのかを
しっかり聞いたあげると、次のステップを示してあげられていくし、
企業としても相性のいい学生と出会える確率は高いなぁと感じたわけです。

そんなわけで、次回の相席社長は 9/6(水)に決まりました。
興味がある方はメールください!




-------------------------------------------------------------------
求人広告を出してもなかなか定着してくれる人材からの応募が来ないと
お悩みの採用担当者様へ…
もしかしたら…
採用する時に誤解があるかもしれません。
◆求人媒体に出せば応募がくると思っている。
◆お給料がよくないと応募は来ない。
◆採用しても定着しないのは根性がないからだ。
これを恋愛に例えると…
◆婚活サイトに申し込んだから結婚できると思っている。
◆芸能人と同じ美容室に行けばモテると思っている。
◆付き合ってもフラれるのは、僕の魅力をわかってない。
って事になっちゃうんです。。。。( ;∀;)ひぃぃぃ
『採用=レンアイ』に頭を切り替えれば「定着する人材」が集まりす!!
負の求人ループ(求人⇒採用⇒退職⇒求人⇒採用⇒∞)から抜け出せます!!
気になった方は
「求人広告の書き方診断」もやってます。
詳しくはこちら
掲載された求人広告を準備されて
work@spwork.jp
にメールください。
____________________________
≪レンアイ型採用コンサルで求人するとこんな良いことが起こります!!≫
ターゲット通りの事務員さんが1週間で7名応募
飲食店のホールスタッフが1回の求人広告で4名採用
3Kと言われるあの業界でも1回の求人広告で2名採用
1年間応募が0人だった専門職が3週間で3名応募
1人株式会社に大企業からの転職組の応募含む3名
月給15万円のNPO法人にブログと〇〇だけで採用
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
◆物流配送会社
◆警備保障会社
◆障がい者就労支援施設
◆1人株式会社
◆給食センター運営企業
◆リフォーム会社
◆飲食業
-----------------------------------------------------------------------
※レンアイ型採用セミナーは定期的に開催しておりますが
 自社スタッフにも聞かせたい。
 自社スタッフがレンアイ型採用をできるようになってほしい。
 という方に向けて社内セミナーも実施しております。
【セミナー希望】と書いてメールください。
work@spwork.jp
詳細返信してお知らせします