Blog

求人誌の書き方だけでも結果が変わる!?

先日は
「欲しい人材にピンポイントに届く求人広告の書き方」セミナーを
行いました~。
ワークを2つやるので少人数制ですww


このセミナー中にも申し上げましたが
求人広告って必ずしも、「求人誌」に出稿する行為だけではありません。

極端に言うと知り合いに「こんな人いない!?」と聞きまくるのも
立派な採用活動ですもんね。

とは言え、会社で年間経費として求人誌の枠を買っている企業さんも
多いですよね。

そんな会社さまでも喜んでお手伝いしますよ。
私の採用コンサルはあくまで
「その企業に合った採用の仕組みを作ること」です。

だから、ムリヤリ、弊社のスマホWORKを押し売りはしません。
(ま、沖縄の採用で安くて継続的に広報しておくという意味では便利だと思いますよ!)

今週もそんなコンサル先のお客様から嬉しいご報告。
某求人誌の1/6枠という決して目立つ大きさじゃないにも関わらず
1週間も満たない今日時点で4名の応募があったそうです!

但し問題はここから。
ただ応募があるだけではなく、「求めている人材」が来ているかどうか。
来週の面接結果が楽しみです!!

セミナー受講生の採用活動もいい変化がありますように!!

-------------------------------------------------------------------
【最近、全然求人応募が来ないとお嘆きの皆様へ】
たった4つのステップで年間ウン十万の採用広告が削減。
あとは自社で採用を行える仕組みをつくる
「採用のSHIKUMI」
ブログをご覧の方は ≪初回ヒヤリング≫無料でお伺いしております。
(沖縄本島内のみ)お気軽にお問合せください
komiya@spwork.jp
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
-----------------------------------------------------------------------