Blog

求める人材像が応募して来ない理由

求人広告の内容を、取材させてもらっているときに
必ず聞くことに一つ。

「どんな人に来てほしいですか?」
と採用ご担当者さまに聞くと

「明るくて、謙虚で、素直で、向上心があって、チームの和を大切にして・・・」

と、こうなっちゃう場合があります。

なんか、この感じどこかで聞いたことがある違和感だな~と思っていたら。

「どんな人と結婚したいですか?」

「背が高くてスラッとしててぇ~」
「イケメンで~」
「年収1000万以上でぇ~」
「土日休みで、休みの日は家で料理とかしてくれてぇ~」
「子どもと遊んでいるときは少年のよう顔になったりしてぇ~」
「ワタシのことを愛してくれるひ・と♡」

・・・

いるか!!!




のくだりと、似てるんですよね。



たとえ、いたとしてもそんな男はとっくに誰かのモノになっているわけで。

前述の「明るくて・・・」 も同じ。
いるかもしれないけど、そんな人はどこかで働いているし
きっとその職場で活躍されています。

それでも
自分の会社に来てもらおう、来てほしい、転職してでもきてくれ!

というのなら、
ホームページがなかったり、あっても企業理念がありきたりだったり
そこで働くとどんな未来を描けるのかという情報がなかったり、

そもそも求人していることを書いてなかったり
書いてあっても、給与と休みしか書いてなかったり

SNSで何の発信もしてなかったり・・・

こんなことでは、どう考えたって
「明るくて・・・」 みたいな人が、応募してくるわけがないですよね。

採用は本当に恋愛に似ています。