Blog

従業員は「使ってみないとわからない!?」は本当か。

さてさて、レンアイ型採用を企業に進めていると
よく社長様や人事担当者さまがおっしゃる言葉があります。

「結局、使ってみないと解らないからね~」

そうですね。
いくらターゲットを絞って募集しても
いくら面接で工夫しても

実際、一緒に働いてみないと解らない。
それはそうかもしれません。


レンアイに例えても

「実際、結婚してから相手のことがわかりました・・・」

ということは、往々にしてあることかもしれません。

でも
でも・・・

やっぱり、ちょっと待った~~~


結婚してみないとわからないから
もし、ダメだったら、離婚しましょう。

というのが、「試用期間」と呼ばれるものですが
それって、極端すぎませんかね。


だったら、最初から雇わずに
人としての関係を築いみるのはどうでしょう?




(~相席社長 12/7 の様子より~)


いきなり、雇う・雇われる という関係で出会うから
見えるものも見えなくなるわけです。


求人広告で、面接に来た人は
来るもの拒まずで、採用しておいて

使ってみたら、やっぱり合わないから、お互いごめんなさいする・・・
って、ちょっとレンアイとしては「雑」過ぎませんかね??

極端に例えると
「女性なら、誰とでも結婚します。それくらい困ってます」
と言いながら
いざ、結婚してみたら
「やっぱり、違う。旦那に向かってタメ口きくような女はダメだ」
とか、いきなり言い出して離婚する・・・。

とか、そういうこと。

私が思うに
「使ってみないとわからない」 と仰る企業の9割りは

実は、採用する前に
「どんな人に来てほしいか」を真剣に考えたことがないだけです。

雇用のミスマッチを減らすには
雇う、従業員側に問題を求めてばかりいては解決しません。

雇う以前にやっておけることが無数にあります。
それがレンアイ型採用です。

-------------------------------------------------------------------
求職者が来ない理由。それは必要な情報の1割も届いていないからです!!
求職者の気持ちを動かす9割の情報を見つけ届ける仕組みをつくる・・・それが
【レンアイ型採用コンサルティング】です!!
初回ヒヤリングをご希望の方は、
現在、直近、掲載された求人広告を準備されて
komiya@spwork.jp
にメールください。
____________________________
≪レンアイ型採用コンサルで求人するとこんな良いことが起こります!!≫
・今までと同じ求人誌の書き方を変えただけで1週間で9名の応募がきた
・休みの多さで応募してくる人から、「ここで働きたい」という応募者がきた
・応募者が面接の時から「自分のこと」を話してくれるので採用しやすい
・現スタッフも会社求める人材像がわかるため、自分の役割が明確になり
 モチベーションが上がる
・給与以外の魅力で応募してくるので中小企業でも永く働いてくれる
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
◆物流配送会社
◆警備保障会社
◆障がい者就労支援施設
-----------------------------------------------------------------------
※出張セミナーも承ります。希望の方はこちらに
【出張セミナー希望】と書いてメールください。
work@spwork.jp
詳細返信してお知らせします。