Blog

「新卒俺様採用」になってませんか?

さて、今日も12/7 に行いました相席社長からの
学びをみなさんにも共有させてください。



相席社長とは、沖縄県内の普通(?)の大学生たちと
沖縄県内の普通の社長(?)たちが
大学の近くのやっすい(?)居酒屋で
普通に飲み会をするイベントです(笑)


でもね。ここでいろんな肌感覚の学びがあるんです。
今日は、参加してくれたある大学生3年生の子の話。

先日とある、就活イベントに行って
人事担当者なる大人たちにコテンパンにやられて
就活が怖くなった…と言っていました。

これね、僕が関わる大学生の中でもけっこうあるあるです。
就活=怖い というイメージが確立されています。

そりゃね、今から社会に出るわけだから、多少ビビるのは仕方ない。
でもね、採用する側が、無駄にビビらせてどうすんだ!と思うわけです。

今日もレンアイに例えますよ。

合説とか、就活イベントって、企業と学生の出会いの場です。
つまり、合コンとか、ビーチパーティーとかそういう場です。

そこで、まだ付き合ってもいなければ、好きになってもいない
っていうか、さっき会ったばっかりの男に
「僕に会うのに、まだ僕の仕事が何か研究してないとか、やる気あるの?」とか
「自分の強みも言えないようなことで、結婚なんてできると思ってるの?」とか
「僕と付き合いたいなら、その志望動機を言ってみなよ」とか

そんなこと言ってくる男がいたら・・・
コイツ、何様だ!?
って思いませんか?

でも、自信がない学生さんたちは
そういう俺様みたいな人事担当者なるオトナの言葉を真に受けて
自信喪失、茫然自失。
「就活、怖い・・。」ってなっちゃうわけです。

私は何も若い学生に優しくしろ。と言っているのではありません。
しかし、まだ雇ってもいない、採用もしてない学生(及び求職者)と
企業というのは何の上下関係もないフラットな関係なはずです。

いえ。
フラットなだけでなく、今後一緒に働いていこうというわけですから
より、親密になることが必要な関係性のはず。
その第一印象で、相手をビビらせるって
どんだけ不器用やねん。
ということが言いたいわけです。

ま、不器用なだけならいいですが
これが雇ってからも続く、
超俺様企業だった場合・・・。
なかなか、採用難は免れないでしょう。
それがいくらお給料を上げたとしてもです。

人の恐怖心や弱みを握って、コントロールするコミュニケーションもあるのでしょう。
いわゆる洗脳に近いやり方ですね。
私は、このやり方は人も企業も幸せにしないと思っていますので
こういう企業様のお手伝いはしないことにしております。

スタッフと共に会社も発展したい。
会社と社員はレンアイしているような関係でいたい。
そんな企業様は、とことんお手伝いします。

-------------------------------------------------------------------
求職者が来ない理由。それは必要な情報の1割も届いていないからです!!
求職者の気持ちを動かす9割の情報を見つけ届ける仕組みをつくる・・・それが
【レンアイ型採用コンサルティング】です!!
初回ヒヤリングをご希望の方は、
現在、直近、掲載された求人広告を準備されて
komiya@spwork.jp
にメールください。
____________________________
≪レンアイ型採用コンサルで求人するとこんな良いことが起こります!!≫
・今までと同じ求人誌の書き方を変えただけで1週間で9名の応募がきた
・休みの多さで応募してくる人から、「ここで働きたい」という応募者がきた
・応募者が面接の時から「自分のこと」を話してくれるので採用しやすい
・現スタッフも会社求める人材像がわかるため、自分の役割が明確になり
 モチベーションが上がる
・給与以外の魅力で応募してくるので中小企業でも永く働いてくれる
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
◆物流配送会社
◆警備保障会社
◆障がい者就労支援施設
-----------------------------------------------------------------------
※出張セミナーも承ります。希望の方はこちらに
【出張セミナー希望】と書いてメールください。
work@spwork.jp
詳細返信してお知らせします。