Blog

雇用情勢を見すぎると採用できなくなる!?

沖縄県雇用情勢のページを見ると

完全失業率3.7%
有効求人倍率0.96%
新規求人数9264人・・・。

まさに企業側からすると、採用難・人材不足のデータが
ずらっと並びます。

こんな数字を見ると
求人広告を出す気も失せますね(笑)



「どうせ、うちの会社なんかに人は来ないだろう・・・。」
って思っちゃいますよね。

また、もう
「12月になったら人は来ないよね・・・。」
なんて、季節のせいにされる企業さんもそろそろ出てくることかと。

でも、私はこういう時、ある質問をさせて頂きます。

「御社のその募集職種って何名募集されてますか?」

そりゃあですね。
一度に100名200名と募集されているなら
雇用データは参考にしたほうがいいでしょう。

でも、1人や2人の募集枠でしたら
ほとんど気になくていいと思います。

レンアイに例えましょう。
沖縄の生涯未婚率(男性) 25%ほどらしいですが

「4人に1人も結婚できないから、オレ、結婚無理だ」って
本気で言っている友人がいたら、みなさん、なんてアドバイスします?

「いやいやいやいや、そーゆー問題じゃないから!!」
って言いませんか?

「そんなことより、合コン行きなよ!」
とか
「すごい子供に優しいじゃん!優しいパパになるんだから自信持ちなよ!」
とか

そんなアドバイスしませんか?


(合コンじゃないけど、相席社長の様子)

データと結婚するわけじゃありませんよね?

そんな風に、採用も人と人の接触ですから
データって参考程度にしかあてにならなくて
それが、直接的にみなさんの会社の人材不足に繋がっているわけではありません。

やっぱり、出会いの数だったり
アピール不足だったり
そちらの方が致命的な要因なわけです。

まぁ、求人会社としては
人材不足のデータを並べて
「いや~、なかなか難しい時代なんですよぉ」
と言ってる方が楽(!?)なんですが

たった数人の募集なら
たった数人に届く求人広告を作るべきなんです。


-------------------------------------------------------------------
求職者が来ない理由。それは必要な情報の1割も届いていないからです!!
求職者の気持ちを動かす9割の情報を見つけ届ける仕組みをつくる・・・それが
【レンアイ型採用コンサルティング】です!!
初回ヒヤリングをご希望の方は、
現在、直近、掲載された求人広告を準備されて
komiya@spwork.jp
にメールください。

____________________________
≪レンアイ型採用コンサルで求人するとこんな良いことが起こります!!≫

・今までと同じ求人誌の書き方を変えただけで1週間で9名の応募がきた
・休みの多さで応募してくる人から、「ここで働きたい」という応募者がきた
・応募者が面接の時から「自分のこと」を話してくれるので採用しやすい
・現スタッフも会社求める人材像がわかるため、自分の役割が明確になり
 モチベーションが上がる
・給与以外の魅力で応募してくるので中小企業でも永く働いてくれる

-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
◆物流配送会社
◆警備保障会社
-----------------------------------------------------------------------
※出張セミナーも承ります。希望の方はこちらに
【出張セミナー希望】と書いてメールください。
work@spwork.jp
詳細返信してお知らせします。