Blog

【レンアイ型】1人起業家・フリーランスのための採用術

私の周りには、1人起業家やフリーランスの友人が多いです。
そこでよく、友人に
「いい人がいたら、紹介してね~」 と言われます。

1人で事業していると、事務作業や苦手なことまで
自分でやらないといけないし
ご自分の専門分野にもっと特化すれば売上も上がるのに。。。

って思うんですね。

でも、たった一人採用するのに
求人広告を出したり
採用コンサルするのは
資金的に厳しい・・・

そんな方に、今日はアドバイス。




①発信する
まず、1人手伝ってくれたらいいから・・・。
ということで、そもそも情報発信してない方が多いです。

誰かいい人がいたら、その人に声かけよう
と思ってみても
「人を募集している」ということを発信していないと
単純にその機会自体を逃していることが多くなります。

まずは自身のサイトなり、ブログなり
常に情報発信し続けることが大事です。

②どんな人が必要か明確にする
だいたい、自分の分身とか右腕とかって思っているので
1人起業家本人は、どんな人が必要かイメージできていると勘違いしています。

しかし、肝心の自分以外の人にはさっぱり伝わってません。
いざ、「どんな人が必要なんですか?」と聞いてみても

「だからぁ!こんなに忙しいし、私1人ではできないから
 ほとんど誰だって、役に立つんだよ!」
っておっしゃる方が多いですね。
でも、誰もあなたと働いたことがないんです。
「自分以外のすべての能力」って全然伝わりません。

1度落ち着いて、どんな人が必要なのか、どんなスキルが必要なのか
明確にしてみることか始めてください。

③覚悟を決める。
だいたい、人をマネジメントしたり、人を使ったり使われたくないから
フリーランスになった人からしてみれば
1人雇うのって、資金的にも労力的に物凄くハードルが高いですよね。

だからこそ、②で必要な人材を明確にし、
その人にやってもらうタスクを明確にすることが大事です。
そこが明確になっていれば、
パートナーとして一蓮托生な気持ちで働く必要があるのか
副業感覚で一部だけ手伝ってもらえばいいのか
はっきりします。

たいてい、フリーランスの方は、一蓮托生を求めがちですが
今、すぐ必要な方って、そこまで求めなくてもいい場合があります。

自分でやれることは、自分でやる。
人に任せられることは人に任せる。
どちらにせよ、覚悟は必要です。


さて、いかがでしたでしょうか?
1人起業家、フリーランスの方がもう一人雇う際に
やっておくべきこと。
求人広告を出したり、思いつきで友人に話す前に
やっておくことがあるということが解っていただけましたでしょうか?

それでも、1人ではなかなか・・・。
という場合は個別セッションも受け付けますのでメールください。

-------------------------------------------------------------------
【最近、全然求人応募が来ないとお嘆きの皆様へ】
「欲しい人材にピンポイントで届く求人広告コンサルティングの3ステップ」
~ 求職者をファンにさせるから永く働いてくれる!~
②欲しい人材が明確になるターゲット採用コンサルティング
②欲しい人材に届くアピールポイント発見コンサルティング
③採用サイト・採用パンフ・採用イベント・SNSで独自の採用メディアを構築
の3ステップで御社の人材不足を解消します!
komiya@spwork.jp
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
-----------------------------------------------------------------------
※出張セミナーも承ります。希望の方はこちらに
【出張セミナー希望】と書いてメールください。
work@spwork.jp
詳細返信してお知らせします。