Blog

時給をUPすると離職率が上がる!?

採用のことでお悩みの社長様から

求人広告を出しても応募が全然来ないから
時給をあげようか・・・。
と、いうご相談を受けることも多いです。

で、私はそこでいつもこういいます。

「時給を上げると離職率が上がりますよ!」



え?
逆でしょ。
待遇がよくなるんだから、いい人材は集まるし
従業員も満足してくれて、なかなかやめなくなるでしょ。

と普通は思いますよね。
たしかに、そうなることもありますが
時給を上げて募集したからと言って必ずしも優秀な人材が集まり
定着率が上がるとは限りません。

むしろ、逆に、お金手当で入ってきた
残業はしない、チームワークは関係ない
自分のやり方は変えない、わがままスタッフが入り
なんだかんだとトラブルを起こした結果
すぐに辞める人が入ってくるケースも多々あります。

それはなぜか?
そのスタッフが悪い??
いえいえ、それだけが原因ではありません。

時給アップという条件で雇った人は
時給以外に働くモチベーションや価値観がないということです。

中小企業には
これからのビジョンは発展性、将来性を一緒に捉え
「創造していく仲間」が必要ですよね。
それなのに「時給」で人を募集してしまうと
ミスマッチを起こしてしまうんですね。

人の募集するには必ずしも時給を上げる必要はありません。
その会社の魅力や特徴。社長や幹部の人柄。社風。
経営理念、人事考課制度、時にはその会社の弱みだって
一緒に働くメンバーが、そこに加わってくる動機になります。

明日のアルバイトがすぐ欲しい!
と追い込まれると、どうしてもお給料は休みなどの待遇面で
応募を増やそうとしてしまいがちですが
長い目で見ると、それは、離職率を上げる要因にしかなりません。


御社の採用の仕組。一緒に作りましょう~



---------------------------------------------------------
安価で常に情報発信できるのは
スマホ特化求人サイト スマホWORK
----------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------------
【最近、全然求人応募が来ないとお嘆きの皆様へ】
たった4つのステップで年間ウン十万の採用広告が削減。
あとは自社で採用を行える仕組みをつくる
「採用のSHIKUMI」
ブログをご覧の方は ≪初回ヒヤリング≫無料でお伺いしております。
(沖縄本島内のみ)お気軽にお問合せください
komiya@spwork.jp
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
-----------------------------------------------------------------------