Blog

その求人広告、誰に向けて打ってます??

日々発信される情報の量と
砂浜の砂の数は同じ量だと言われる昨今。

情報の自分事化 は重要な要素です。

つまり、
「あ!これは私のことだ!」
と思わせることですね。

採用求人の世界でもそれは同じ・・・。
なはずなんですが
なぜかこれがまだ全然できない情報が
た~くさんあります。

だから私の仕事が成り立つんですが(笑)

例えばとある求人広告

企画営業/経理事務 募集!

いや、よくありますよね。
でもですね。これ両方に当てはまる人っていないですよね。
求人出している方も、別々のターゲットを想定しているのですが
だったら、同じ枠に書くのはどうかな~と素朴に思うのです。

情報は、ワンセンテンスワンターゲットが基本です。

恋愛に例えると分り易いです。
例えばあなたが友達から
合コンのメンバーが足りないからあと一人、紹介してほしい!
と頼まれたときに

活発で明るく社交的な人/堅実でまじめで冷静な人

を同時の探してほしいって言われたら…




どっちやねん!!

ってツッコミたくなりませんか?

気持ちはわかるけど、
どっちか一方に絞ってよ!
って言いたくなりませんか?

なんか気が多い人だな~と、そんな印象受けませんかねww



ま、求人誌面は限られた枠で
複数の求人を載せなくてはならないので
そうなるのはわかりますが

情報として、「自分事化」されていない。
誰が誰に向けて発しているのか解らない
情報を今更投げかけても、誰も振り向いてくれませんよ。

---------------------------------------------------------
安価で常に情報発信できるのは
スマホ特化求人サイト スマホWORK
----------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
【最近、全然求人応募が来ないとお嘆きの皆様へ】
たった4つのステップで年間ウン十万の採用広告が削減。
あとは自社で採用を行える仕組みをつくる
「採用のSHIKUMI」
ブログをご覧の方は ≪初回ヒヤリング≫無料でお伺いしております。
(沖縄本島内のみ)お気軽にお問合せください
komiya@spwork.jp
-------------------------------------------------------------------
≪採用企画ご依頼について≫
御社に合わせた採用企画・人材戦略を立案します
これまで&これからご依頼を頂いている業種
◆建設業
◆美容室
◆スポーツジム経営
◆不動産会社
◆携帯ショップ経営
◆コールセンター
◆会計事務所
◆ホテル経営
-----------------------------------------------------------------------