Blog

求人広告にマーケティング思考はいらない!?

折込チラシやフリーペーパー広告
TV、ラジオ、ネット広告 と集客をするための広告を打つとき

「ターゲットは?」
「商品のウリは?」
「この広告の費用対効果は?」

などなどと、専門家ではなくてもみなさんが考えるところだと思います。

求人広告も「広告」と名がつく以上は基本は同じ考え方に基づくと思っています。
でも、1点だけ明確に違うところがあります。

それは・・・





来てほしい人数 です

集客の広告は
10000枚チラシを配って100人は来てほしいですよね。
でも求人広告は

たった1人。多くても数名来てもらえればいいわけです。
(毎月数百人必要な業種業態は違いますが)

というはことは、あまりマ―ケティング思考に縛られて

「うちの年代は、スマホは見ないよ…。」
「うちの業態はこの時期動かないからねぇ。」
「うちだけのメリットって大したことないんだけど・・・。」

と消極的な思考になり、当たり障りない求人広告が出来上がります。

60歳でも10代でもスマホは売れています。
春にしか人が動かないなら、世の中の不動産会社さんは成り立ちません。
多くの人へのメリットではなく、たった一人のためのメリットを打ち出せればいい。

そう割り切れるところが求人広告の面白さです。
多くの人に応募してほしいのではなく
ミスマッチのない雇用 が求人広告の最大の仕事です。

求人広告はマ―ケティング思考に捉われず自由に発想した方がいいでしょう。


↓個性的な求人載ってます。
スマホWORK